借金問題が夫の怪我による休職からスタートした

借金を早く返せると当初は甘く考えていた彼女

私の知人に、多重債務で首が回らなくなってしまい、結果、自己破産を選択されたという女性がいらっしゃいます。

 

自己破産については、こちら「特定調停・自己破産の進め方とコツ」のカテゴリー記事を参考にして下さい。

 

「多重債務で首が回らなくなった」という言葉だけを聞けば、

  • 自分がだらし無かっただけではないのか
  • もっと頑張る道があったのではないのか

という声も聞こえて来そうですが、まずは彼女の実際の体験談をご覧になってから、その真価について、また賢い借金返済方法とはどういうモノか、借金を早く返し問題を解決する方法と手段について、お考え頂きたいと思います。

 

 

夫の怪我での休職が全ての始まり

夫の休職が借金問題の始まり

夫の休職が
借金問題の始まり

この方の借金生活の始まりも、あまりにも唐突で予期せぬものでした。

 

借り入れの始まりは、前夫が仕事中に怪我をし、休職となってしまったときからスタートしました。

 

結婚時は、彼女自身に200万円程の貯金もあったようです。

 

彼女はどちらかというと無駄遣いもせず、金銭に関しては堅実に生活するタイプで、自身も結婚当初は「貯金もあるし借金なんて…」と思っていたくらいで、借金は早く返せると甘く考えていました。

 

夫の失業で彼女がパートに出る

前夫の休職当初は、自身の貯蓄や両親・祖母などからの援助を受けることができていたので、復帰してくれるまでなんとか…という思いでお金のやり繰りしていたと言います。

 

しかし復帰の見込みは立たず、夫は退職してしまい、その後しばらく失業状態が続いてしまったのです。

 

この時1歳半の子どももいた為、何かと入り用も多く、貯蓄も時間と共に尽きてしまい、また親族からのお金の援助も徐々に得られなくなってしまいます。

 

夫も再就職の目途が立たなかったため、子どもを保育園に預け、彼女自身パートに出て生活費を稼ぎ家計を支えることになりました。

 

その後、夫も何とか仕事を見つけて働き始めた為、借金の借り入れもこの頃は、消費者金融1社のみで、彼女はすぐに完済できるだろうと思っていたということです。

 

しかし、彼女は結果的に借金を早く返す賢い返済方法を全く知らなかったといえます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク