個人間の借金に必要な貸し借り双方の決心

借りる時の地蔵顔・返す時の閻魔顔

個人間の借金に必要な貸し借り双方の決心

昔から「借りる時の地蔵顔、返す時の閻魔顔」と言いますが、これは「お金を借りる時は優しい顔をするが、借りたお金を返すときには不機嫌な顔になる」という意味で、まさに個人間の借金の借り手側の態度を示しています。

 

また、「人はしてあげたことは覚えているが、してもらったことは忘れてしまう」とも言います。個人間の借金でも同じで、お金を貸した側は良く覚えていても、借りた側は借金をした際に感じた恩や感謝の気持ちも、また借りたこと自体も忘れてしまうようです。

 

個人間の借金トラブルは、まさにこの貸した側と借りた側の心理の違いが原因と言っても過言ではなく、お金を貸した側も借り手の心理を理解しておくことが重要となります。

個人間の借金に必要な貸し借り双方の決心 記事一覧

借金の貸し手側
お金を貸す側:余裕分のお金を返って来ないと考え返済を期待せず貸す

知人から借金を申し込まれた時には、自らの先々のフトコロ事情も勘案した自分自身の資金状況の把握が必要です。仮に知人から、「3年間で返済するから20万円貸して欲しい」と借金の相談を受けたとします。もしもその時点で、「3年以内に、思わぬ失費が50万円ほど発生しかねない。と考えると、いくら今は親しい人とはいえ20万円の貸付はきつい。10万円が限界だ。」と思ったら、正直に「10万円ならOKだ」と切り出し、「...

続きを読む
借金の借り手側
お金を借りる側:最悪の場合は時効前に借金返済方法を貸し手と相談

お金の借り手側、つまり借金をする人には、まず二つのことを申し上げておきたいと思います。借金返済分を知人からの借入にあてるという事は絶対にしない借金の時効前には必ず完済する事を大前提に融資を受ける特に最初に挙げた、貸金業者からの借入金の借金返済に困り、その返済分を知人等からの借入にあてるという事は絶対にすべきではありません。貸金業者からの借入金返済が滞り、にっちもさっちもいかなくなった時は、債務整理...

続きを読む
借金返済トラブル事例
借金返済トラブル事例:個人間の貸し借りで生じたトラブル紹介

元婚約者から婚約期間中に、約150万円の借金をした30代半ばの男性の実話を紹介します。ある種の「甘え」で借金を放置したことで、人生が狂いそうになった男性の事例です。借金を放置すること、人からお金を借りて、そのままにしておくことは、絶対にやめるべきです。代理人との交渉ある日突然、元婚約者の女性から、「借金問題専門の司法書士に代理人を依頼し借金の返済請求することにした」という連絡がありました。司法書士...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク