借金返済のコツ - 収入を先ず返済に充て覚えておく事

借金を早く返すコツは収入を先ず返済に充て覚えておく

借金の早い返済のコツは、毎月の給料などの収入から生活費などを先に引き残りを返済に充てるのではなく、入ってきたお金を先ず借金返済に充てる事です。そのコツは、実践が出来なくとも心掛ける、覚えておくだけでも効果を発揮します。

借金返済のコツは収入で得たお金を先ず返済に充て覚えておく事

借金を早く賢く返すコツは、何と言っても正しい返済予定を立てるということが最も大切です。

 

さまざまな環境の中で暮らす、さまざまな借金をする人を見てきた私の経験から、借金をする際の返済が始まる時の心掛けで一つの重要なポイント、考え方、借金返却のコツをご紹介します。

 
 

入ったお金は先ず借金返済に充てる

 

収入は先ず借金返済に

収入は先ず
借金返済に

それは、給料など収入が入ったらを先ず最初に借金返済に充てる、ということです。

 

非常に単純で簡単なコツですが、しかし現実に実行できる人は、さほど多く有りません。と言いますか、借金問題を抱える人の大多数が実行できていません。

 

そして実行できない債務者が借金の返済で悩んでいるのが現実です。

 

しかし、この借金返済方法を実行できなくとも、コツとして覚えておくだけでも、覚えておいて日々の生活で心掛けるだけでも借金を早く返すことにつながると、私は経験上断言します。

 

貯金がなかなか出来ない理由と同じ

 

分かりやすい例を挙げます。それは「貯金」です。

 

貯金をしようと思っているにも関わらず、口癖のように「貯金が出来ない、貯金が出来ない」と言い続ける人、、「お金が貯まらない」とこぼす人って、皆さんの周りにもいらっしゃいませんか?

 

私の周りにもいましたし、何を隠そうお恥ずかしいのですが、私もそうでした。

 

何故、なかなかと貯金が出来ないか?お金が貯まらないのか?

 

それは、生活費で余ったお金を貯金しようとするからです。

 

手元に残ったお金を貯金しようとするから、なかなかといつまでたってもお金が貯まらないんです。

 

税金や保険、その他の支払をして、余ったお金を生活費にして、さらにそこから余ったお金で貯金が出来たらいいなぁ~くらいの考えだと、いつまでたっても貯金なんて出来るはずがありません。

 

そして「貯金したい」が口癖となり、「貯金できない現実」の中で悶々としながら、毎月の給料日を迎えることになります。

 

なので本気で貯金をすると決めたならば、まず最初に収入の中から貯金分を差し引いて貯めてしまい、残ったお金を生活費に充てればいいのです。

 

残ったお金だけで生活をすることを考えるのです。

 

これを、借金を早く返すことにも当てはめて考えて下さい。

 

貯金よりも借金返済が早くて有利

 

尚、ここでは借金を返す事を貯金に例えましたが、これはあくまで例えです。

 

貯金をする余剰のお金があれば、その金額は借金返済に充てた方が絶対に有利で、借金を早く返し終わる事となります。

 

詳しくは、「借金返済と貯金のどちらが得か?」をご一読下さい。

 

コツを実行出来ないから借金問題になる

 

心掛けだけで変る返済のコツ

心掛けだけで
変る返済のコツ

借金をする人と一口に言っても、入ってくる給料や収入、収める税金、保険の掛け金、出ていくお金の生活費、遊行費、また家族持ちか家持ちかなどなど、環境が人それぞれ違いますので、全ての人に共通して出来る正しい万能な借金返済方法というものは、なかかなとあるものでもありません。

 

方法として誰にでも通用するモノではないとしても、心掛けのコツというものはあります。

 

それがご紹介した、最初に返済するという正しい返済予定を立てることです。

 

まず最初に借金を返済して、返済後に残ったお金で生活する。

 

これって簡単なようで、実はなかなかと実行できない人が多いんです。

 

だからこそ借金問題を抱える人が後を絶たないと私は考えていますし、実際に私の消費者金融での仕事でトラブルを抱えた人たちに接しています。

 

実践が出来なくとも心掛けだけで変るコツ

 

先に借金返済にお金をまわすというのは、言葉では簡単ですが、借金の内容や金額で簡単に出来ない人もいます。

 

特に借入件数や借入額が多くなると、返済が占める割合が多くなり、返済すると生活自体がキツくなる、生活が成り立たない場合があります。

 

しかし、コツの実践は出来なくても考え方だけは頭の隅にでも覚えておいてください。

 

この考え方を思い出して、お金を浪費せずに済んだ、という方のお話もたくさん聞きます。

 

また、この私のアドバイスで実際に「借金を早く返すことが出来た」と感謝をされたケースも少なくありません。

 

借金返済を優先するという考え方は、決して借金問題でムダにはならない有益な考え方だと思います。

 

ですので返済予定を立てるときは、まずこちらの「借金は最悪の事態を想定した返済計画と審査レベルに注意を」に書いたように、厳しめの返済シュミレーションをし、返済を優先するという借金返済方法のコツを想い出すようにして下さい。

 

利用者の97%が毎月の支払を軽減した、匿名で利用できる無料シュミレーターや借金の減額診断の結果で、優先すべき返済額を把握し、その金額を厳しめに設定して返済計画とするのがお勧めです。

 

無料シュミレーションの事例

無料シュミレーションの事例

法律相談カフェ・借金減額診断

 

収入で得たお金を先に借金返済に充てるということは、魔法のような方法ではありませんが、必ず借金問題で役に立つコツです。

 

実例が証明しています

 

このコツを掴んだ方は必ず借金を早く返し終わっています。そういう債務者を私は何人も見ています。

 

そういった方々は、こちら「労働系アルバイトの副業で収入で返済基本額を増やし借金を早く返す」などを実践されて、早く借金返済を完了されます。

 

借金返済を優先する、このコツを忘れない生活をする事を強くお勧めします。

 

 まとめ:借金を早く返すコツ
  • 収入を生活費ではなく先ず返済に充てる
  • 余剰金は貯金ではなく借金の返済に充てる
  • 実行出来ないから借金問題を抱えてしまう
  • 実行できなくても覚えておくだけで効果がある

 

前のページ 次のページ

借金を早く返すコツは収入を先ず返済に充て覚えておく 関連ページ

200~300万円の借金を早く返すには決額以上の返済と一本化を
200万円から300万円の借金を早く返済するには借入件数と総額を把握し返済計画を立てる事が大切です。コツは長く借り短く返す、出来るだけ元金が減るよう決められた返済額以上を返済する事です。また、おまとめローンもお勧めです。
おまとめローンでは返済シュミレーションと完済後の誘惑に注意
おまとめローンは誰もが利用できるとは限らず借金返済で事故歴がある人は利用できません。また条件で返済期間が長くなり総額が増える場合もあるので返済シュミレーションが大切です。また消費者金融の再利用の誘惑にも注意が必要です。
借金の金利減免は行なわないが貸金業改正前の過払い金では応じる
消費者金融への借金返済が始まると利息の引き下げや免除を交渉してくる人がいますが基本的に金利を下げることはありません。但し、貸金業改正前の借金で過払金がある、または返済事故のない上客には金利の引き下げに応じる場合があります。
生活や行動を見直しムダな支出を減らし借金全額返済に集注する
早く借金を返済したい時、最初に考えるべき事は支出を減らす事ですが、分かっていても実行できない、無理だと諦めてしまい、誰もが実行できることでもありません。プライドや趣味にお金を使うのは借金返済完了してからにしましょう。
労働系アルバイトの副業で収入で返済基本額を増やし借金を早く返す
借金をする人の多くが早く完済したいと考えますが利息分だけの返済は最も損で遅くなる借金返済方法です。返済基本額より多く返済すれば借金は早くなくなります。そのためには収入を増やすことが必要で労働系アルバイトの副業がお勧めです。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
イチ押しサービス おまとめローン 無料法律相談 金額別 借金を早く返す方法

マネーネット powered by TrendLead