借金の踏み倒しについて

借金の踏み倒しをする人は必ずまた借金問題を抱える

借金の踏み倒しについて

当サイト管理人も「お金を借りる側::最悪の場合は時効前に借金返済方法を貸し手と相談」で書かれていますが、借金を踏み倒したという武勇伝や自慢話がネット上でも散見されますが、しかし、その後のことは殆ど伝えられていないのが現実です。

 

率直に申し上げて、借金を踏み倒した、または踏み倒そうと考える人は、必ずまた借金問題を抱える人です。消費者金融に勤務している私の経験から、また必ずトラブルを起こすと断言出来ます。

 

一生を日の当たらない場所で過ごすような、価値のない人生を決して選ばないようにしましょう。

借金の踏み倒しについて 記事一覧

借金の時効は10年に延長
借金の時効5年は援用がない際は返済請求が続き10年に延長も

借金の返済に困り、お金を借りたにも関わらず借金の踏み倒しを考える人がいますが、とても残念なことです。借金の踏み倒しを考える人が、まず気にするのは「時効」です。借金の時効についてご説明します。一口に時効といっても、正式には取得時効と消滅時効という概念があります。借金の時効は法人の場合は5年・個人間は10年借金の時効と援用「取得時効」とは、人のものを一定期間所有していると所有権が取得できるという時効で...

続きを読む
開き直るタイプと返済意思がないタイプ
借金返済督促に開き直るタイプと返済意思がないタイプの踏み倒し

借金の踏み倒しを考える人には、おおよそ借金返済の督促に開き直り敵意をむき出しにする人借金を踏み倒す詐欺目的を持ち返済意思のない人の2つのパターンがあります。我々消費者金融業者としては、その2つのパターンに該当する人物は借金を踏み倒す可能性がある要注意人物としてマークをし、その人からの毎回の借金返済には目を光らせます。開き直るパターンの債務者キレて開き直る債務者こちらの消費者金融にとって困ったお客の...

続きを読む
借金返済が不可能な状態と無理な状態
借金返済が収入も蓄えもなく不可能な状態と精神的に無理な状態

借金をして、踏み倒すつもりはなかったがどうしてもお金が返せない状態になってしまうというケースは起こりうるものです。借りたお金が返すことが出来なくなる場合は私の経験上、大きく分けて2つのタイプに分かれます。1つ目が物理的に無理な場合2つ目が精神的に無理な場合の2つのパターンです。物理的に借金返済が無理な場合物理的に借金返済が不可能これは説明不要かもしれませんが、もうどうにもこうにもお金の工面ができな...

続きを読む
消費者金融が裁判を起こす場合
借金の踏み倒しをする債務者に消費者金融が裁判を起こす場合

消費者金融からお金を借り、そのまま借金を踏み倒し返済をしないと裁判になる場合があります。少額な融資では通常は裁判はしない裁判で和解か差押えに非常に残念ながら少額の場合、例えば5万円や10万円程度の融資の場合は借金を踏み倒されても貸金業者としては泣きを見る、つまり諦めるしかありません。10万円以下の少額債券を回収するコストを考えると、どうしても費用対効果が合わなくなりますので会社としては断念します。...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク