こんな弁護士は借金問題では要注意

どんな組織や業界でも弁護士でも有能な人と無能な人がいる

こんな弁護士は借金問題では要注意

どんな会社でも組織でも、またどんな職種でも業界でも、信頼と実績を持ち仕事を任せられる有能な人もいれば、逆に信用が出来ず口先だけの無能な人もいます。多くはないものの残念ながら、それは法律の専門家である弁護士でも同じです。

 

レストランのウェイターやウェイトレスに接して、接客などで有能か無能かを見抜くことは、さほど困難ではありませんが、普段馴染みのない弁護士が有能であるか無能であるかを一般の人が見抜くのは、なかなかと困難なことです。当カテゴリーでは、注意をして頂きたい弁護士、また弁護士に問題解決を委任する依頼者も注意をすべきことをご紹介します。

こんな弁護士は借金問題では要注意 記事一覧

弁護士選びで非弁活動に要注意
借金返済問題解決では違法ブラック弁護士の違法な非弁活動に要注意

弁護士や司法書士の資格を持たない人が、報酬を得る目的で債務整理を引き受けることは法律で禁止されています。ですが、実際には依頼者(債務者)が知らないところで、弁護士資格を持たない人により、このような違法行為が行われている、違法行為を指示しているブラックな弁護士がいることも現状ですので、借金返済問題解決での弁護士選びでは注意をして下さい。非弁活動を求める弁護士違法なブラック弁護士の見分け方私のように法...

続きを読む
軒下弁護士を外したい理由
借金の整理を弁護士に依頼する際に軒下弁護士を外したい理由

弁護士の中には、自分自身でひとつの独立した事務所を持つ人や、何人かの弁護士同士で出資し合って事務所を持つ人もいますが、一方で「居候弁護士」や「軒下弁護士」といった業界専門用語で呼ばれる弁護士たちもいます。もし借金の返済問題解決の支援で、知り合いからの紹介ではなく、自分でインターネットなどで調べて弁護士を探すのであれば、軒下弁護士は避けるのが借金返済方法のコツです。弁護士の就職新人の軒下弁護士に注意...

続きを読む
チェックしたい弁護士と債権者の状況
借金の整理が進まないときにチェックしたい弁護士と債権者の状況

債務整理を弁護士にお願いし委任したものの、進展がないと悩まれてはいませんか。進展がない理由は、次のようなことが考えられます債権者が見つからない場合債務整理が進まない際に確認すべき事何年も前にお金を借りたきり、ずっと返済をしていなかったり、債権者が廃業していたりすると債権者と連絡が取れず、手続きが進まないこともあります。債権者が見つからないまま手続きを進められるかどうかは、弁護士や裁判所の判断となり...

続きを読む
弁護士に嘘をつかないことと連携
借金を早く賢く返すためは弁護士に嘘をつかないことと連携が大切

借金を早く返す賢い返済方法のために弁護士に依頼するのであれば、弁護士に対して嘘や隠し事は厳禁です。嘘をついてしまったばかりに、裁判手続きにて裁判官の心証を悪くしたり、せっかく借金が免責されて返済しなくても良い状況に救済されたのに、虚偽の内容が判明し免責が取り消されることもあります。弁護士に嘘や隠し事をしても何のメリットもないどころか、大きなデメリットとなってしまいますので、くれぐれも注意して下さい...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク