借金返済のコツ - 債務整理で注意が必要なケース

債務整理で注意が必要なケース

借金の返済が困難と感じたら、その瞬間から新たな借り入れや特定の債権者に対する返済を避ける必要があります。債務整理を滞りなく進めるためには、自宅のローンがあったり闇金や友人からの借り入れがある人は注意が必要です。

債務整理を弁護士に委任する依頼者が厳守すべき厳重注意事項

債務整理で注意が必要なケース

借金返済問題を専門の弁護士に委任すれば何もかもが全て望みとおりに解決するとは限りません。依頼する側が注意すべきこと、してはならないこともあります。

 

例えば、借金をした相手のためと良かれと考えて行うことでも、債権者の一部の人だけへの返済で、「へんぱ弁済」となる場合は、債務整理で免責が認められない行為となってしまいます。

 

当カテゴリーでご紹介する依頼者に対する注意点は、必ず債務整理を委任した弁護士や司法書士から詳細な説明がありますので、くれぐれも厳重注意事項として厳守し専門家の指示に従うようにしましょう。

債務整理で注意が必要なケース記事一覧

借金の早期返済のために注意すべき個人から借金している人


注意すべき個人から借金している人

借金の早期返済のために弁護士に委任することはよくありますが、友人からお金を借りている人は要注意です。弁護士は債務整理ために債権者に手紙を送ります。もし友人の手元に弁護士からの手紙が突然届いたら、トラブルになりかねません。
 

続きを読む

 

借金返済を諦めた瞬間から避けなければいけない「偏波弁済」


避けなければいけないへんぱ弁済

借金の返済を諦めたときや現実的に返さない状態に陥ったとき、債権者から取り立てを受けても払わないという決意が必要になります。もし、特定の債権者だけに支払いをしてしまったら、それは「へんぱ弁済」となり免責がされなくなります。
 

続きを読む

 

借金を早く賢く返すために知っておくべき返済の必要がない借金


知っておくべき返済の必要がない借金

借金の早期返済のためには、支払うべき借金と支払わなくてもよい借金について学ぶ必要があります。とはいえ、そもそも返すつもりがなく借りたお金に関しては、詐欺罪となる可能性もあるので、これらの知識を悪用することはできません。
 

続きを読む

 

借金の返済途中で生活保護の受給が必要となった際の手続き方法


生活保護が必要となった際の手続き方法

借金を返済するためには収入が必要ですが、高齢のために職を失ったり、ケガや病気で働けなくなったときには、生活そのものを見直す必要があります。もし、生活保護の受給を考えるのであれば、同時に破産も考えなければいけません。
 

続きを読む

 

借金早期返済のために考える不動産の処分方法とローンの返し方


不動産の処分方法とローンの返し方

借金の早期返済のためには、今ある財産を手放すことを考えがちですが、慌てて行動を取ると損をしてしまいます。とくに住居は今後の生活も考えて処分方法やローンの返済方法を考える必要があるので、不動産会社のうたい文句には要注意。
 

続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
イチ押しサービス おまとめローン 無料法律相談 金額別 借金を早く返す方法

マネーネット powered by TrendLead