債務整理で注意が必要なケース

債務整理を弁護士に委任する依頼者が厳守すべき厳重注意事項

債務整理で注意が必要なケース

借金返済問題を専門の弁護士に委任すれば何もかもが全て望みとおりに解決するとは限りません。依頼する側が注意すべきこと、してはならないこともあります。

 

例えば、借金をした相手のためと良かれと考えて行うことでも、債権者の一部の人だけへの返済で、「へんぱ弁済」となる場合は、債務整理で免責が認められない行為となってしまいます。

 

当カテゴリーでご紹介する依頼者に対する注意点は、必ず債務整理を委任した弁護士や司法書士から詳細な説明がありますので、くれぐれも厳重注意事項として厳守し専門家の指示に従うようにしましょう。

債務整理で注意が必要なケース 記事一覧

注意すべき個人から借金している人
借金の早期返済のために注意すべき個人から借金している人

弁護士を通じて債務整理をするとき、個人からお金を借りている人はちょっと注意が必要です。こちらの「弁護士の受任通知と借金返済問題解決後に健全な生活を送るための指導」でもお伝えしているように、弁護士に債務整理を委任をすると、弁護士は債権者の全員に対して受任通知を送りますが、これは個人、友人からお金を借りている場合も同様です。友人からすれば、ある日突然、弁護士から受任通知という聞いたこともない手紙が届く...

続きを読む
避けなければいけないへんぱ弁済
借金返済を諦めた瞬間から避けなければいけない「偏波弁済」

自己破産を考えているのであれば、さらなる借金を重ねるだけではなく、特定の債権者に返済をする行為を避けなければいけません。偏波(へんぱ)弁済とはへんぱ弁済で免責が認められない場合も「弁護士のミスによる偏波弁済や破産管財事件で無駄な費用と時間を浪費」でも触れましたが、複数の債権者の中から特定の債権者に対してのみ返済をすることを「偏波(へんぱ)弁済」といいます。偏波弁済は、常に気を付けるものではなく、例...

続きを読む
知っておくべき返済の必要がない借金
任意整理で借金返済が開始した頃に始まる闇金の甘い言葉での違法融資

お金は「借りたら返す」が大前提ではありますが、返す必要のない借金もあることを覚えておくと良いかと思います。ただし、これを利用して最初から借りたお金を返す気持ちもなく借金をすることは詐欺行為にあたり、大変なことになるので注意が必要です。闇金には返す必要がない!?闇金問題は専門の弁護士に依頼を商売としてお金を貸すためには、内閣総理大臣または各都道府県知事の許可を得る必要があります。登録し許可を受けない...

続きを読む
生活保護が必要となった際の手続き方法
借金の返済途中で生活保護の受給が必要となった際の手続き方法

生活保護と破産は必ずしもセットではありませんが、私の法律事務所員経験では、借金の返済で問題を抱えている人は、例外なく、生活保護を受給する前に破産しています。役所経由で破産の依頼借金問題と生活保護の両方を弁護士に依頼生活保護の手続きには地域性もあるようですので、すべての自治体に当てはまることではないのかもしれません。しかし私の知るケースでは、生活保護を受給しながら借金の返済をする人は殆どいない一方で...

続きを読む
不動産の処分方法とローンの返し方
債務整理で不動産売却はメリットがなく売却を回避する弁護士を味方に

家を持っている人が借金問題解決のために債務整理を始めると、どこから情報を得たのか、不動産会社から不動産売却に関する案内が届くことがあります。おそらく、その不動産会社の案内には「お持ちの不動産は売った方が得ですよ」というような内容が甘い言葉で書かれているかと思います。しかし現実は決して甘くないので、不動産会社の甘い営業トークには注意が必要です。破産前に不動産を処分するべきというウワサ不動産は売却しな...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク