自己破産の申し立てのコツと注意点

自己破産では債権者に対する真摯な態度が大切

自己破産の申し立てのコツと注意点

自己破産は、裁判所が借金の返済が不可能と認められた人の、全ての債務支払い義務が免除されるという救済措置で、専門の弁護士に依頼をして手続きを進めるので、弁護士が引き受けた案件で申請が不許可となるケースは殆どありません。

 

自己破産手続きで最も重要なことは、弁護士に対して包み隠さずに全てを正直に伝えることです。例えば、債権者への配当に充てられるべき財産を隠したり、人に譲渡してしまうなどの行為、また浪費やギャンブルなど、債権者に対する真摯な態度が見られない場合は不許可となることも有り得ます。依頼をした弁護士からの指示と指導に従って、真摯な態度で手続きを進めるようにしましょう。

自己破産の申し立てのコツと注意点 記事一覧

自己破産の手続きのコツ
自己破産の手続きのコツは書類の準備と家族の理解と協力

自己破産を借金返済方法として選ぶ際には同居家族の協力が必要です。借金をしていることや自己破産をする予定であることは、なかなか家族に話しづらいことかもしれませんが、そこは腹をくくることが重要なコツになります。家族の協力が必要なわけ裁判所に家族の収入や支出を報告破産手続開始及び免責申立書は破産をする際に裁判所に提出する書類です。この書類の中には、家計の状況という、いわゆる家計簿をまとめたものを記録する...

続きを読む
自己破産の手続きに必要
自己破産の手続きに必要な破産までの事情の書き方とポイント

自己破産をするためには、こちら「自己破産の注意点:裁判所の借金返済認可期間・会合・連帯保証人措置」にもあるように裁判所に所定の資料を添付する必要がありますが、破産に至るまでの事情を書いた書類も裁判所に提出する必要があります。この内容をしっかり書いていないと、申立書を受け付けてもらえないこともあるので気を付けましょう。内容のある文章を書く自己破産に至るまでの事情について「返済が苦しくなったから」と ...

続きを読む
自己破産の破産審尋と免責審尋
自己破産の申し立て後に裁判所にて行われる破産審尋と免責審尋

自己破産の申し立てを行うと、破産審尋と免責審尋が行われます。ただし破産審尋については、書面のみで行う裁判所もあるので、住所地を管轄する裁判所がどちらの手続きを行うのか、申し立て前に知っておくと良いでしょう。破産審尋で聞かれること審尋で裁判官から聞かれること破産審尋では、破産申立書の内容を口頭で確認されます。このことから、借金が返済できなくなった時期や理由、債権者の社名や名前について頭に入れておく必...

続きを読む
自己破産でも借金が減らないケース
自己破産で借金をゼロにするために知っておくべき免責不許可事由

破産手続きをするからには目指すのは免責となること、つまり借金をゼロにすることを目標にすべきです。免責の可否については法律の定めるところによりますが、免責できない主な理由には次のようなものがあります。借金の理由により認められないケース債権者を騙す行為債権者一覧に偽りがあるケース免責ができなければ、借金は引き続き返済することとなり、もはや自己破産をした意味がなくなりますので充分に注意をして下さい。借金...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク