借金返済のコツ - 任意整理と民事再生法の進め方とコツ

任意整理と民事再生法の進め方とコツ

任意整理は借金返済が難しい際に債務を整理する方法の一つで、裁判という形をとらず債権者と直接交渉をし借金問題の解決を図ります。民事再生法は、膨大な借金の返済が困難だが資産は守りたいという債務者をフォローする借金返済法です。

任意整理と民事再生法の進め方とコツ 記事一覧

任意整理で借金を早く返すコツは交渉代理人との信頼関係


任意整理で借金を早く返す

借金返済での貸金業者との交渉は代理に交渉を任せるのが基本です。専門家に任せれば、法規定で日常生活は担保され返済の督促は止まります。また任意整理での早期借金返済には、交渉代理依頼人との信頼関係が最も大切です。
 

続きを読む

 

任意整理のメリット:返済利息免除/借金の減額/限定債権者/自宅確保


任意整理のメリット

借金返済の任意整理のメリットとして、債権者と債務者の交渉完了した以降の借金債務残高の返済の返済利息が減免される、過払い金が元本から差し引かれる、複数の債権者がいる場合は対象債務を絞り込むことができることが挙げられます。
 

続きを読む

 

任意整理の注意点:個人信用情報に登録され新たな借金は不可能


任意整理の注意点

借金返済を任意整理で行ったという情報は官報など公の刊行物には記載されませんが、複数の貸金業者の個人信用情報機関に登録されます。結果として、過去の例からみると登録から最低でも5年余りは、新たな借金が不可能になります。
 

続きを読む

 

民事再生法では借金債務総額が1/5以下または100万円に圧縮


民事再生法では借金債務総額が圧縮

民事再生法では借金が1/5以下か100万円に圧縮されますが、適用が受けられるのは給与所得者、自営業者で安定した収入が見込める必要があり債権者同意が必要です。同意が得られない場合、再度給与所得者再生の申し立てが出来ます。
 

続きを読む

 

民事再生法のメリット:借金返済でもマイホーム確保で取り立てから解放


民事再生法のメリット

民事再生法が認可されると住宅ローンが対象から除外されマイホームが確保できますが、民事再生法での債務整理は費用が問題となります。また、民事再生を弁護士や司法書士に代理人を委託すると、業者の借金返済取り立てから解放されます。
 

続きを読む

 

民事再生法の注意点:善意の貸付の借金返済と自宅の根抵当権と官報


民事再生法の注意点

民事再生の注意点は、善意の貸付も債務に含む、自宅は根抵当権以外の全てを外しておく点です。また官報記載で業者からの借金が不可能となります。なお返済が滞っても75%返済済みで債権者の利益に反しない際は残金返済は免除されます。
 

続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
イチ押しサービス おまとめローン 無料法律相談 金額別 借金を早く返す方法

マネーネット powered by TrendLead