任意整理と民事再生法の進め方とコツ

任意整理と民事再生法のメリットと注意点

任意整理の具体的なやり方とコツ

任意整理は、継続した収入があり、任意整理で減額された後の借金を3年程で完済できる能力があると認められる人が主に利用できる借金の整理手続きです。

 

利息が免除され借金を早く返し終わることが出来る、返済期間が長い場合に過払い金が戻ってくるというメリットがありますが、全ての貸金業者が任意整理に応じるとは限らないという点に注意が必要です。

 

民事再生法は、継続した収入があり、住宅ローン以外の借金総額が5千万円以下で、借金の返済が不能となると考えられるケースで、原則3年間での分割返済手続です。

 

債務が5分の1に減額される、マイホームなどの財産を確保できるというメリットがありますが、継続して返済ができる収入が必須となります。

任意整理と民事再生法の進め方とコツ 記事一覧

任意整理で借金を早く返す
任意整理で借金を早く返すコツは交渉代理人との信頼関係

任意整理で借金を早く返すには、以下の2つの事がコツとなり大切です。貸金業者との交渉は弁護士・司法書士の専門家に任せる交渉を任せた交渉代理依頼人との信頼関係具体的な借金返済方法に関して専門家に交渉を任せると業者からの返済の督促は止まります。任意整理で早く借金を返すには、交渉代理依頼人との信頼関係が大切です。任意整理の場合、交渉代理依頼人が違っても、債務の削減額や借金返済期間の設定に差異は殆どありませ...

続きを読む
任意整理のメリット
任意整理のメリット:返済利息免除/借金の減額/限定債権者/自宅確保

任意整理という借金返済方法のメリットとしては債権者と債務者の交渉完了した以降の借金債務残高の返済の返済利息が減免される過払い金が元本から差し引かれる複数の債権者がいる場合は対象債務を絞り込むことができるという事が挙げられます。さらに任意整理情報は個人情報という認識で家族や会社に黙って情報が漏れない事、継続して住宅ローンを支払うことが前提条件で任意整理の対象から住宅ローンを除きマイホームが確保できる...

続きを読む
任意整理の注意点
任意整理の注意点:個人信用情報に登録され新たな借金は不可能

メリットがあれば半面、注意点としてのデメリットがあることは任意整理についても言えます。任意整理の注意点は、新しい借金が出来なくなるという事です。借りたお金が返せなくなってしまって債務整理するわけですから、言葉はきついかもしれませんがある意味での「罰」を覚悟しておかなくてはなりません。任意整理という借金返済方法が上々の形で決着し、債務者が「元」債務者になれたとしても「罰」というか、注意すべきデメリッ...

続きを読む
民事再生法では借金債務総額が圧縮
民事再生法では借金債務総額が1/5以下または100万円に圧縮

民事再生法の特徴として以下の事が挙げられます。借金債務総額が1/5以下、または100万円に圧縮される適用が受けられる債務者は、給与所得者、自営業者が対象将来に亘って安定した収入が見込める必要があり、債権者の同意が必要3つの借金返済方法の選択肢があり、給与所得者でも自営業者用の小規模個人再生を選択出来るより有利な借金返済条件となるケースがありますが、債権者の同意が得られない場合、再度給与所得者再生の...

続きを読む
民事再生法のメリット
民事再生法のメリット:借金返済でもマイホーム確保で取り立てから解放

民事再生法で債務整理が認可された場合のメリットには住宅ローンは借金返済対象から除外されマイホームを手放さなくて済み返済期日を過ぎた未払い金が発生しても家は保全される借金問題専門の弁護士や司法書士に代理人を委託すると任意整理の場合と同じく債権者の貸金業者からの借金返済の督促はなくなり、取り立て等の苦痛から解放されるという事が挙げられます。ただ民事再生法で債務整理を行う際は費用が問題となります。民事再...

続きを読む
民事再生法の注意点
民事再生法の注意点:善意の貸付の借金返済と自宅の根抵当権と官報

借金返済の民事再生の注意点としては、善意の貸付であっても借金と一線を画す根拠がないため債務から外されないマイホームは根抵当権以外の全てを外しておくという官報に載ることにより業者から借金は出来なくなる事が挙げられます。なお、民事再生法で借金返済が進むと返済額減額となる場合もあります。債務整理過程で借金返済が滞っても返済金の75%返済済みで債権者の利益に反しない際は残金返済は免除されます。民事再生法で...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク