自己破産の破産管財事件とは

自己破産で20万円以上財産がある場合は管財事件となる

破産管財事件とは

自己破産では、破産者に財産がある場合は「管財事件」となり、財産がない場合は「同時廃止」の手続きに分けられます。その区分は20万円で、20万円以上の財産があれば管財事件、20万円未満の場合は同時廃止となります。

 

管財事件では、破産人の20万円以上の財産を債権者に配当することとなりますが、この場合の財産は現金のみでなく現金以外も含まれます。20万円という金額が個々の財産か、持っている全ての財産の合計金額かは、各地方裁判所で判断が異っているのが現状です。

 

破産管財人は破産者が財産を隠していないかなども調査しますが、その財産調査への協力は、破産者の義務となっています。

自己破産の破産管財事件とは 記事一覧

破産管財人が財産を処分するケース
破産管財人が借金を返せない人に代わって財産を処分するケース

自己破産をして借金をゼロ (免責) にしたいと思っても財産があると、その財産を処分したうえでの免責決定となります。この場合には、一般的な破産手続きと異なり、裁判所が決めた破産管財人が債務者の財産の処分などを進めていきます。会社を経営していた人破産管財人が就任するケース破産管財人が就任するケースとしてありがちなのは、会社を経営していた人で、当時の備品類が処分されておらず残っているようなときです。とく...

続きを読む
破産管財事件で対応しなくてはいけないこと
破産管財事件において借金をした人が対応しなくてはいけないこと

破産手続きは、借金を返せる見込みのない人が裁判所に対して申立てる手続きですが、一定以上の財産がある場合は、その財産を債権者に配当する必要があるために破産管財事件となります。破産管財事件では、債務者(破産者)が依頼をした弁護士のほかに、裁判所が選任した破産管財人が就きます。破産管財事件において、破産者が行わなくてはいけないことは次のようなことです。予納金の納付破産管財事件で対応が必要なこと破産管財事...

続きを読む
破産管財事件が長引く理由
借金をゼロにするための手続きである破産管財事件が長引く理由

財産のある人が破産をするためには、破産手続きのなかで財産の処分と債権者に対する配当を行う必要があります。これらは破産管財人が中心となって行いますが、終結するまでに半年から1年ほどの時間がかかります。破産管財人に関しては、以下の関連記事も参考にして下さい。弁護士のミスによる偏波弁済や破産管財事件で無駄な費用と時間を浪費財産の把握や処分のために長引くケース破産管財事件が長期になる原因会社経営者の破産は...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク