借金返済のコツ - 破産管財事件とは

破産管財事件とは

財産はあるけれど借金を全額返すことはできず、今後も返せる見込みがない。このような人が裁判所に破産の申立てを行った場合、破産管財事件となります。破産管財事件では、財産をお金に換え債権者に配当する手続きが行われます。

自己破産で20万円以上財産がある場合は管財事件となる

破産管財事件とは

自己破産では、破産者に財産がある場合は「管財事件」となり、財産がない場合は「同時廃止」の手続きに分けられます。その区分は20万円で、20万円以上の財産があれば管財事件、20万円未満の場合は同時廃止となります。

 

管財事件では、破産人の20万円以上の財産を債権者に配当することとなりますが、この場合の財産は現金のみでなく現金以外も含まれます。20万円という金額が個々の財産か、持っている全ての財産の合計金額かは、各地方裁判所で判断が異っているのが現状です。

 

破産管財人は破産者が財産を隠していないかなども調査しますが、その財産調査への協力は、破産者の義務となっています。

破産管財事件とは記事一覧

破産管財人が借金を返せない人に代わって財産を処分するケース


破産管財人が財産を処分するケース

借金は返せないけれど一定以上の財産はある。このような人が破産するためには破産管財人による財産の処分と債権者への配当手続きが必要となります。そこで、ここでは財産の処分が必要となる具体的なケースをご紹介します。
 

続きを読む

 

破産管財事件において借金をした人が対応しなくてはいけないこと


破産管財事件で対応しなくてはいけないこと

借金を返せない人が破産手続きを行うとき、財産の有無によってその後の手続き方法が異なります。一定以上の財産がある場合、裁判所に納付すべき金額が高くなり、対応しなければならないことも多いので注意が必要です。
 

続きを読む

 

借金をゼロにするための手続きである破産管財事件が長引く理由


破産管財事件が長引く理由

破産管財事件では破産者の持つ財産を処分してお金に換えますが、この手続きは難航しがちです。不動産の売却がスムーズにいかない、破産者が他人にお金を貸している、債権者からの異議があった等、よくあるケースをご紹介します。
 

続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
イチ押しサービス おまとめローン 無料法律相談 金額別 借金を早く返す方法

マネーネット powered by TrendLead