特定調停・自己破産の進め方とコツ

特定調停と自己破産のメリットと注意点

特定調停・自己破産の進め方とコツ

特定調停は、継続した収入があり、特定調停で減額された借金が3年程で返済できる方が利用できる借金の整理の手続きです。金利を引き下げ返済額の再計算で借金を減額出来ると言うメリットがありますが、手続に時間が必要で全てのケースで調停が成立するわけではない点に注意が必要です。

 

自己破産は、借金の返済が不可能であると認められる人で、過去7年間に免責を受けたことがない方で、全ての借金の支払い義務が免除される手続です。法律で全ての債務支払い義務が免除されるという大きなメリットがありますが、裁判所が免責を決定するまでは就くことが出来ない職業があるという点が注意点となります。

特定調停・自己破産の進め方とコツ 記事一覧

特定調停での借金返済のコツ
特定調停での借金返済のコツは不成立の回避と専門家との相談

特定調停の特徴として借金返済残高の減額と返済利息ゼロをメドに返済の条件緩和を行う過去の特定調停の実例が雛形となって決められ不成立もあるという事が挙げられますが、それらを理解しておくことが大切です。債権者と債務者(代理人)、そこに裁判所が指名した調停員が加わり、債務者が借金返済可能になる条件を交渉の中で見つけ出していくという債務の整理方法です。特定調停での借金返済方法では、貸金業者と債務者が裁判所で...

続きを読む
特定調停の注意点
特定調停の注意点:借金返済書類・裁判所と代理人費用・日程と強制力

特定調停で借金返済する場合の手続きの注意点としては裁判所への書類の提出が不可欠で裁判所と代理人への費用の支払いが発生する平日でないと裁判所に特定調停の場を求めることが出来ない事特定調停自体に強制力がないので借金返済の調停が不調に終わる場合は債務整理が入口に戻ってしまう事が挙げられます。特定調停に必要な書類の提出と裁判所・交渉代理人への支払い特定調停で借金の債務整理を行おうとする場合、裁判所(簡易裁...

続きを読む
自己破産は債務整理の最後の手段
自己破産は多重債務者が選択する借金返済債務整理の最後の手段

自己破産は、自転車操業の末に多重債務者が選択する債務整理の最後の手段といえる借金返済方法です。ヤミ金からも借金をしているケースも少なくないとされている自己破産のケースでは、借金債務の的確な把握が容易ではないとされます。自己破産では、先ず闇金融業者を黙らせるさらに貸金業者の協力を取り付ける依頼人が借金返済問題で冷静さを取り戻す事が重要なコツで肝要です。自己破産の手続きは、債務者の管轄エリアである地方...

続きを読む
自己破産の認可
自己破産の認可には借金返済原資と誠意と未返済金の返済可能率が重要

自己破産では免責が適用されますが、「免責=借金の返済なし」ではなく、借金の大幅な減額となる借金返済方法と捉えなくてはなりません。自己破産での大切なポイントとして、返済原資の対象の主体は不動産となる1円でも多くの借金返済資金を確保し債権者との交渉で主導権を握る債務者が借金返済に関し誠意を持って臨もうとしていると伝えるという事が挙げられます。裁判所に自己破産の認可申請をする上で、かつ債権者に自己破産申...

続きを読む
自己破産の注意点
自己破産の注意点:裁判所の借金返済認可期間・会合・連帯保証人措置

自己破産の注意点としては、裁判所に認可申請をしてから認可されるまでに2~3カ月必要認可後に裁判所は自己破産の認可申請代理人とは別の弁護士を破産管財人として指名裁判所指名の破産管財人・債権者・債務者での会合が設けられるという事が挙げられます。自己破産が認定された事は、再生への道を与えられたと考えるべきです。自己破産で救済されるのは借金をした債務者だけで、連帯保証人は対象外です。弁護士に連帯保証人にお...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク