迷惑でも放置はできない借金の相続

故人の財産を相続する際はマイナス財産の借金も相続しなくてはならない

迷惑でも放置はできない借金の相続

いくら関係が疎遠であっても、同居していなくても、故人に借金がある場合、法定相続人である妻(夫)とその子どもはプラスでもマイナスでも相続をすることとなります。相続をするのであれば借金を返済せねばならず、逆に相続を放棄するのであれば借金の返済義務はなくなります。

 

尚、故人が加入していた生命保険等に関しての受け取りですが、生命保険金の請求権は、相続の財産には該当しないという解釈がされます。故人の借金を含む相続は全て放棄したいという場合であっても、保険金は故人の生前の財産とは見なされないため、保険金の受取人は相続とは別に保険金を受け取ることが出来るとされています。

迷惑でも放置はできない借金の相続 記事一覧

債務相続の実態
債務相続の実態:悪徳業者の架空請求もあるので借金の実態を調査

故債務者から有り難くない借金の相続を受けた配偶者・子供が、「親父のしでかしたことになんで我々が借金返済に対応しなければならないのか?」という気持ちを抱くこと自体、分からなくもありません。まさに迷惑な負の遺産ですが、しかし借金の相続は放置が出来ず資産や給料の差し押さもあり得る悪徳業者に依る架空請求である場合もある事に注意をしましょう。増える債務負の遺産も放っておくと、利子分がどんどん増え借金債務が増...

続きを読む
債務相続は慎重に
債務相続は慎重に:開示要求事項と借金を返済するしないの選択

債務の相続、負の遺産の相続では返済するか返済しないかを選ぶ事が出来ます。その際、相続する借金債務に関する情報が開示された時、2つの点について“目を皿”にすべきです。その結果次第で状況は180度、異なってくるからです。次の2点をチェックするチェックすべき1点目 : 最後に故人が借金返済を行った時点から、いまどの位の時間が経過しているか。要するに10年の時効が成立しているかどうか、の確認です。10年が...

続きを読む
借金返済の放棄
借金返済の放棄:子供ではなかったことにしプラスもマイナスも相続しない

故人の借金債務を返済するつもりは全くない、返済をしないという結論に達した場合は、借金返済放棄の裏付けとなる「相続放棄」を行わなくてはなりません。故人のプラスの遺産もマイナスの遺産も、どちらも相続をしないという選択です。相続放棄の手続きは、家庭裁判所でとることになります。相続放棄とは子供ではなかったことにするこれはあくまで形式上のことですが相続放棄というのは、裁判所との交渉の中で成立します。本当は個...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク