借金返済のコツ - 債権者には親族に返済を求める権利があり放置できない

迷惑でも放置はできない借金の相続

債務者が残した借金返済残高は、配偶者や子どもなどが相続することになります。有り難くない相続ですが、死んだ債務者の「 残した財産-債務残高 」が相続の対象となります。つまり債権者は死亡した債務者に代わり親族に対し、借金返済を求める権利が法律上でも認められているのです。

迷惑でも放置はできない借金の相続 記事一覧

債務相続の実態:悪徳業者の架空請求もあるので借金の実態を調査


債務相続の実態

親などが残した借金の債務相続で注意しなければならないのは、ありもしない借金の返済を求めてくる悪徳業者の架空請求もあるという事です。借金または返済の残高が実在しているのかどうか、本物の借金残なのか確認する必要があります。
 

続きを読む

 

債務相続は慎重に:開示要求事項と借金を返済するしないの選択


債務相続は慎重に

相続する借金債務に関する情報が開示された時、10年の時効が成立しているか、年20%を超える利息を最低5年以上支払っていなかを必ず確認しましょう。支払うべき返済金が確認されたら返済するか、返済しないかを選択しましょう。
 

続きを読む

 

借金返済の放棄:子供ではなかったことにしプラスもマイナスも相続しない


借金返済の放棄

故人の借金を返済しないと決めたら借金返済放棄の裏付けとなる相続放棄の手続を家庭裁判所で行う事となります。相続に関して子供ではなかったことにする手続きですが、借金返済を受け継がないと同時にプラスの財産相続もできなくなります。
 

続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
イチ押しサービス おまとめローン 無料法律相談 金額別 借金を早く返す方法

マネーネット powered by TrendLead